いろいろと疲弊したので投資で生きることにした。FXトレードブログ。

引き続きAUD・NZDの勢いに注目

先週に引き続き、AUDとNZDを狙っていく予定。値動きがいいのと、枚数を増やしてトレードできることが主な理由。EUR、GBPもボラティリティが高くなってきているのでチェックはしているのだけど、エントリーはしていません。

この1週間はわかりやすい動き方だったため、エントリーしやすい状態が続いていました。来週はどうなるか。

チャートの状態をチェックしていきます。

チャート分析:AUD/USD

月足

順調に陽線。このまま先月の実体(始値)を超えて確定すれば、より上昇方向へのトレードがしやすくなるな。

週足

ほぼ十字線…。動いてない。

日足

若干の陽線で終了。前日の下髭が指数平滑移動平均線に支えられているのがわかる。

8時間足

直近3本ともほぼ十字線。レンジなんだよなぁ。若干陽線の実体が上方向に移動している気もするので、このまま持ち合った後に上抜けすることを期待しているが…どうなるか。

チャート分析:AUD/JPY

ここ最近はAUD/USDとチャートの形が似ているため、特段解説はナシ。掲載のみとしておく。

月足

週足

日足

8時間足

1本前の足がヒゲ先で指数平滑平均移動戦に接している。

チャート分析:NZD/USD

NZDもAUDとチャート形状が似ているため、より確実に方向を見極めるためチェック。詳しい解説はなし。

月足

週足

日足

日足できれいに陽線転換している。

8時間足

8時間足でみると、AUDよりわかりやすい形。

チャート分析:NZD/JPY

こちらも掲載のみ。AUDと比べるとNZDの方がわかりやすいかも。

月足

週足

日足

8時間足

来週の戦略

というわけで、上昇方向への動きがまだ続くとみてロング目線。ただ、月足、週足で見る限り、下降トレンド中の戻しともとれるため警戒は必要。単なるチャネルの最中で、下抜けしてくる可能性も否定できない。頭を押さえられたと感じたら深追いしないことが大事かと。その場の勢いを感じ取りつつ、臨機応変に行こうと思います。

投資は自己責任で。エントリーはあなた自身の判断に基づいて行ってください。
DMM FX

関連記事

DMM FX

KYOU

仕事や人間関係に疲れたので、投資で生活しようと決意。8年越しでようやく結果がついてくるようになりました。

ほとんどFX、たまに株。FXはスキャルピング~デイトレードが主な手法。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

KYOUが使っている証券会社